政府 予備費で約3700億円支出へ ひとり親支援など(2020年12月8日)

政府・与党は新型コロナウイルス対策として「GoToキャンペーン」事業や、ひとり親世帯への支援に約3700億円の予備費を支出することを決めました。

 予備費3700億円の内訳は6月まで延長するGoToキャンペーン事業に約3000億円、新型コロナウイルスの影響で生活に苦しむひとり親世帯に対する5万円の再支給に約700億円です。与党は、これらの予備費の支出を11日に閣議決定する方針を野党側に伝えました。
 立憲民主党・安住国対委員長:「菅総理がやっていることはGoTo感染拡大。今の段階で国民の理解は得られないと思っている」
 野党側は「GoTo事業にこれ以上、予算を使うのは間違っている」として、政府の方針をただしていく考えです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp