豊島区の女性死体遺棄事件 女性の後つけ無施錠確認(2020年12月7日)

東京・豊島区の35歳女性が遺体で見つかった事件で、死体遺棄の疑いで逮捕された男が「女性の後を付けて玄関ドアの鍵を掛けていないのを確認した」と供述していることが分かりました。

 佐藤喜人容疑者は9月24日ごろ、栃木県那須町の山林に富塚沙織さんの遺体を遺棄した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、佐藤容疑者が「女性の後を付けて玄関ドアの鍵を掛けていないのを確認したので、翌日にもう一度行った」と供述していることが分かりました。「抵抗されたので殺害し、車で運びだした」とも話していて、防犯カメラには佐藤容疑者の車が富塚さんの自宅周辺を行き来する様子も映っていました。警視庁は2人に面識がなかったとみて調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp