北海道伊達市で住宅火災 60代男性が死亡(2020年12月7日)

6日午前、北海道伊達市の中心部で住宅が燃える火事があり、焼け跡から見つかった60代の男性が死亡しました。

 午前11時すぎ、伊達市梅本町の木造平屋建ての住宅で「煙が見える」と通行人から消防に通報がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、この家に住むとみられる60代の男性が住宅の中から意識不明の状態で発見され、病院で死亡が確認されました。また、80代の女性が自力で逃げ出しましたが、煙を吸うなどして病院に搬送されています。2人はこの家に住む親子とみられています。警察は身元の確認を急ぐとともに、火の出た原因を詳しく調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp