中国 炭鉱事故で23人死亡 一酸化炭素の濃度が上昇(2020年12月6日)

中国・重慶の炭鉱で事故が発生し、坑内に閉じ込められた作業員23人が死亡しました。

 中国国営の中央テレビによりますと、4日に重慶の炭鉱で坑内の一酸化炭素の濃度が上昇する事故が発生しました。この事故で作業員24人が坑内に閉じ込められ、救助された1人を除く23人の死亡が確認されました。現場の炭鉱は安全管理などに問題があるとして当局から処分を受け、約2カ月前に閉鎖していましたが、事故当時は設備の解体作業が行われていたということです。当局は事故の原因などの調査を始めていますが、重慶では今年9月にも炭鉱事故で16人が死亡していて、安全管理の徹底が求めらています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp