NY市場でダウ平均株価が3万218ドル26セント(2020年12月5日)

アメリカのダウ平均株価は4日、3万218ドル26セントで取引を終え、史上最高値を更新しました。

 4日、11月の雇用統計が発表され、雇用の伸びは予想を下回ったものの、失業率は前の月から0.2ポイント下がって6.7%と改善しました。7カ月連続の改善です。また、原油価格が上昇したことなどもあり、株価が上昇しています。先月24日につけた3万46ドル24セントを超え、終値の史上最高値を更新しています。一方で、アメリカの新型コロナ感染者と死者の数が3日、一日あたり過去最多を更新するなど市場には懸念材料も残っています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp