コロナ感染10代女性死亡は誤りの可能性 厚労省(2020年12月4日)

厚生労働省は4日、新型コロナウイルスに感染した10代の女性が死亡したと発表しましたが、この情報が誤りだった可能性が否定できないと発表しました。

 厚生労働省は4日、2日までに確認された死亡者のなかに10代の女性がいたと発表しました。しかし、この情報が誤りだった可能性が否定できないとして取り下げました。厚労省は事実の確認を急ぎ、分かり次第、速やかに公表するとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp