酒提供の飲食店とカラオケ店 横浜、川崎で時短要請(2020年12月4日)

神奈川県は特に感染者が急増している横浜市と川崎市に対し、酒類を提供する飲食店などに営業時間の短縮を要請することを決めました。

 神奈川県では先月から今月にかけて一日200人台の感染者の確認が続いています。特に横浜市と川崎市で感染者が急増していることから、県は3日の対策本部会議で2つの市の酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営業時間の短縮を要請することを決めました。期間は7日から17日までの11日間で、営業時間を午前5時から午後10時までに短縮するよう求めます。要請に応じた店舗には一日2万円の協力金を支給するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp