ゾウの赤ちゃん一般公開 上野動物園で初の誕生(2020年12月1日)

東京の上野動物園で開園以来、初めて生まれたゾウの赤ちゃんが1日に一般に公開されました。

 公開されたのは10月31日に生まれた雄のアジアゾウです。両親は天皇皇后両陛下の長女・愛子さまご誕生のお祝いでタイから贈られた2頭です。まだ人に慣れていないため、しばらくは公開は2時間だけです。動物園は赤ちゃんの名前を投票で決めることにしています。候補はタイ語で太陽を表す「タワン」、夜明けという意味の「アルン」、夕日を表す「アッサドン」の3つで、今月13日までホームページなどで投票を受け付けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp