ドイツで規制強化 営業禁止“パンダミック”で抗議(2020年11月27日)

ドイツでは新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化していて、メルケル首相が飲食店の営業禁止を延長することなどを発表しました。

 ドイツでは今月、一日の感染者が2万人以上の日が相次ぎ、死者は1万5000人を超えました。飲食店の営業禁止が来月20日まで延長されるほか、1日から集会の制限など新たな規制措置が取られます。メルケル首相は、来年1月までこの措置が続く可能性があるとして「トンネルの終わりには光がある」と国民に忍耐を求めました。
 こうしたなかフランクフルトのレストランは、営業禁止に抗議して客席をパンダのぬいぐるみで埋めました。店主はパンデミックならぬ「パンダミック」だと話し、パンダにコロナビールも振る舞われました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp