小池知事“GoTo見直し”「連携の必要あると思う」(2020年11月22日)

感染の拡大を受けて政府が「GoToキャンペーン」の運用の見直しを決めたことについて、小池都知事は「国が判断したこと」としたうえで、国と連携して進めていく考えを示しました。

 小池都知事:「これは国の施策で、国の判断で東京が後から(GoToキャンペーンに)追加という事態になった。GoToの意味はあると思う。しかし、この状況で国が新たな判断をされているかと思う。命とコロナ禍をどう防ぐか連携しながらやっていく必要があるかとは思う」
 また、小池知事は飲食店などへの営業時間の短縮を再び要請するかどうかについて、経済的な影響も踏まえて「どれくらい効果があるのか見極めてやっていかなければいけない」と慎重な姿勢を示しました。感染者については検査の数を増やしたことで、今後も増えていくとして、そのなかで、重症者の数をいかに少なくするかが重要だと話しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp