カラカラの関東 換気 し過ぎにご用心 コツは?(2020年11月21日)

連休中日の22日、空のイメージは晴れが続きます。22日も風が強いんですが、風向きが南風に変わりますので、21日より暖かく感じそうです。このように晴れますと、新型コロナ対策で換気をする人も多いと思いますが、一般家庭の場合、換気のし過ぎも良くない場合があるんです。
 というのも、今月の関東は雨の降らない日が続いていて、最小湿度をみても、各地で40%前後と空気が乾燥していますが、東邦大学の小林教授によりますと、コロナ禍の冬、部屋の湿度は50%から60%がベストだそうなんです。換気をし過ぎると部屋の中まで乾燥してしまうので、一般家庭の換気は2時間に1回くらいでも良いということなんです。さらに、気温も重要で、寒いとウイルスが長生きしやすくなるので室温を下げずに湿度60%を目指すのが良さそうです。では、22日、23日の予想最小湿度をみてみますと、22日は湿度50%くらいですが、23日は30%から40%まで下がってきます。換気の際は注意して下さい。
 では、この先の予報です。日中は過ごしやすい気温が続きますが、朝の気温、東京から北でまた一桁が戻ってきます。今週との気温差が大きくなりますので、体調管理に注意です。雨マークは28日で水戸以外でも雨の予報に変わる可能性があります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp