中国で輸出規制強化の法案成立 アメリカを牽制か(2020年10月18日)

中国で、安全保障上の脅威となる外国企業をリスト化し、輸出規制を強化する法案が成立しました。

 中国国営の新華社通信によりますと、全人代(全国人民代表大会)は、17日に終了した常務委員会で「輸出規制法」を成立させました。この法律は中国の安全を脅かすと判断した外国企業をリスト化し、兵器の製造などに用いられる可能性のある製品や技術の輸出を禁じます。12月1日に施行されますが、これまでのところ規制の対象となる具体的な企業や品目は明らかにされていません。ファーウェイなど中国企業への輸出規制を強化するアメリカを牽制(けんせい)する狙いもありそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp