“激安”310円弁当も・・・「佐藤さん」で町おこし!?(2020年10月16日)

佐野ラーメンで有名な栃木県佐野市が一風変わった町おこしに乗り出しました。佐野市なのに町のあちらこちらになぜか「佐藤さん」の文字が。その理由とは。

 どでかいサイズのジューシーなから揚げ。ケースからはみ出るほどです。佐野市の弁当店。地元のB級グルメ「黒から揚げ」などを使ったボリューム満点のお弁当が人気に。値段はなんと310円。その安さの秘密は、ノリに記された“佐”のマーク。佐野の頭文字で“佐”ということでしょうか。
 からあげ家なるねこ・玉井成美店長:「“佐野”の“佐”じゃない。“佐藤”の“佐”ですね。これは佐藤で310円です。語呂合わせで」
 佐野を差し置いて佐藤とは一体・・・。
 からあげ家なるねこ・玉井成美店長:「佐野に来てくれる佐藤さんをおもてなしましょうと」
 佐野市が佐藤さんを「お・も・て・な・し」。実は、佐野市では市を挙げて全国の佐藤さんに向けたサービスで佐野を盛り上げようとしているのです。この310円のお弁当は誰でも購入できますが、佐藤さんにはこんな特典が。
 からあげ家なるねこ・玉井成美店長:「310円のお弁当が300円になったりとか、から揚げを1個サービスであげます」
 なぜ佐藤さん推しなのでしょうか。その答えは地元の神社にあるということです。
 唐澤山神社禰宜(ねぎ)・佐野由希子さん:「元々はお城があったんですね。その築城主といわれているのが藤原秀郷公なんですけども、英雄としてたくさんの方に親しまれているので、佐野の藤原さんということで佐藤(という説)」
 にしても、佐藤さんびいきのようなPRだと効果は薄い気もしますが、全国で最も多い苗字が佐藤さんとあって、佐野の観光の起爆剤になるのではと期待を寄せています。
 そんな佐藤さん向けの取り組みは今、広がりを見せています。老舗の酒蔵では佐藤という名前の付いた日本酒を来月中に販売する予定です。そのほか、佐野ラーメンといったご当地グルメなど今後、佐藤さん限定のお得メニューを出すお店を増やす予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp