世界初!iPS細胞で作った網膜細胞を難病患者に移植(2020年10月16日)

神戸市の病院がiPS細胞から作った網膜の細胞を目の難病患者に移植する手術を世界で初めて行ったと発表しました。

 神戸市立神戸アイセンター病院によりますと、移植手術をしたのは視野が狭くなったり視力が低下したりする「目の難病」と診断され、このままでは失明する可能性が高い患者です。手術は健康な人のiPS細胞から作った約1ミリ四方のシートを網膜に移植するもので、iPS細胞を使って目の中枢神経の再生を目指す手術は世界で初めてです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp