ロシアが北方領土で軍事演習 初の首脳会談の直前に(2020年9月29日)

初の首脳会談の前に、ロシアが北方領土で軍事演習を始めました。

 ロシア国防省は29日、北方領土の国後島や択捉島でロシア軍の太平洋艦隊が軍事演習を始めたと発表しました。哨戒機や装甲車、ドローンなどが投入され、1500人を超える兵士が参加しているということです。菅総理大臣は29日、就任後に初めてプーチン大統領と電話で会談する予定です。ロシアはその直前に北方領土での軍事演習を始め、揺さぶりを掛けることで菅総理の外交姿勢を見極める狙いがあるとみられます。
 これに対し、日本政府はすでに外交ルートを通じてロシア側に抗議したことを明らかにしました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp