愛知・犬山市で工場火災 従業員の男性2人が死亡(2020年9月28日)

27日夜、愛知県犬山市の工場で火災が起きて従業員の男性2人が死亡しました。

 午後9時すぎ、東洋紡犬山工場の警備員から「煙が出ている」と通報がありました。食品を包装するフィルムを作っている鉄骨2階建ての工場が燃え、火は約4時間後にほぼ消し止められました。当時、工場内にいた従業員8人のうち3人が病院に運ばれましたが、55歳と37歳の男性が死亡、34歳の男性が軽傷です。現場付近では爆発音がしたという情報があり、警察と消防は28日に現場検証を行って原因を調べることにしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp