北京モーターショー開幕 最新電気自動車など披露(2020年9月26日)

中国の北京で新型コロナウイルスの感染拡大後としては世界最大規模のモーターショーが始まりました。

 北京モーターショーは4月に開催予定でしたが、新型コロナの影響で延期されていました。26日はホンダが電気自動車のコンセプトカーを発表したほか、日産も新型の電気自動車「アリア」を海外で初めて公開しました。世界最大の自動車市場の中国ですが、今年は新型コロナの影響で販売が最大で2割減少する見通しです。
 実は中国では、充電する代わりにバッテリーを丸ごと交換する電気自動車の利用が広がっています。電気自動車の欠点である長時間の充電を解消できるこの方式では、街中のスタンドに入れば約3分ほどで交換が完了します。北京市中心部では半径2.5キロに1カ所のバッテリー交換のスタンドが整備され、タクシーなどを中心に利用が広がっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp