韓国軍が北朝鮮を非難 越境試みた韓国人男性射殺で(2020年9月24日)

北朝鮮へ越境を試みた韓国人男性が銃撃されて死亡した件を巡り、韓国軍は「犯した蛮行の全責任は北朝鮮にある」と強く非難しました。

 韓国国防省合同参謀本部、アン・ヨンホ作戦本部長:「北朝鮮の蛮行を強く糾弾し、これに対する北朝鮮の釈明と責任者の処罰を強く促す」
 韓国西部の延坪(ヨンピョン)島近くの海で21日から行方不明だった男性(47)について、韓国軍は24日、男性が北朝鮮側で銃で撃たれて死亡し、その後に遺体が燃やされたと発表しました。男性は南北の境界付近で漁業を監視する指導船の乗組員で、何らかの理由で北朝鮮へ渡ろうとしたとみられています。男性は21日昼前に業務中に靴を船に残して行方が分からなくなり、海洋警察や軍などが捜索していました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp