同居の男児を“殴る蹴る”男逮捕 日常的に虐待か(2020年9月23日)

松山市で、同居する6歳の男の子の顔を殴るなどしてけがをさせた疑いで男が逮捕されました。

 無職の大柄和也容疑者(28)は22日午前1時ごろ、自宅で同居する6歳の男の子に殴る蹴るの暴行を加え、首を絞めてけがをさせた傷害の疑いが持たれています。男の子は大柄容疑者と交際している女性の息子で、顔にあざができましたが命に別状はないということです。朝になって女性と男の子が警察に被害届を出して暴行が発覚しました。調べに対し、大柄容疑者は黙秘しているということです。男の子の体には古いあざも確認されていて、警察は大柄容疑者による日常的な虐待があった可能性も視野に調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp