スーパー銭湯の劇場でクラスター 劇団員6人ら感染(2020年9月22日)

スーパー銭湯の大衆演劇で9人が集団感染です。

 広島市によりますと、6人は劇団員で、20日までスーパー銭湯の劇場に出演していました。また、9日に観劇した50代から80代までの3人についても感染が確認されていて、市はクラスターが発生したとしています。
 広島市健康福祉局・阪谷幸春担当局長:「9月9日から20日までの間で実人員は500名余りと聞いてます」
 演劇を観た人は500人以上いるとみられています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp