「消毒・殺菌」化粧品に使えないワードで指導(2020年9月17日)

「消毒」や「殺菌」など本来、使用できない表現をホームページに載せていました。

 国民生活センターは市販されている消毒液やジェルなど30品目について、アルコール濃度や表示について検証しました。そのなかで「化粧品」に分類される11品目のうち、4つで消毒や殺菌など本来使用できない表現がホームページで見つかったため、厚生労働省などを通じて販売元への指導を行ったということです。国民生活センターでは医薬品や医薬部外品の消毒用アルコールが手に入らない場合は60%以上のエタノールを含むものを推奨しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp