新スタイルの観光業・・・PCR検査付きの旅行プランも!(2020年9月15日)

東京都では新型コロナウイルスの感染者が再び100人を超え、191人となりました。旅行をためらう人が多いなか、少しでも安心して出掛けてもらおうと旅行業界で様々な取り組みが始まっています。

 人気お笑いコンビ「アインシュタイン」の稲田直樹さん(35)が新型コロナウイルス「陽性」と診断されたことが発表されました。東京都によりますと、今月15日に都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は191人。14日の80人を上回り、再び100人を超えました。
 そんななか、国土交通省は来月1日から「GoToトラベル」に東京発着の旅行も対象にしたいとしています。それに先駆け、旅行業界ではこれまで旅行をためらっていた人に気兼ねなく出掛けてもらおうと新たな取り組みが始まっています。
 東京・渋谷にあるホテルでは72時間、未使用の部屋を確約する宿泊プランを始めています。
 セルリアンタワー東急ホテル企画・宣伝、太田秀貴さん:「(厚労省のHPに)コロナウイルスがプラスチックですとか、乾いた部分に付着して生き残る生存の時間が72時間と言われておりますので、そちらに対応した時間になっております」
 さらに、このプランではマスクや除菌ジェルをプレゼント。「安全・安心」を確保しながらホテルステイを満喫してほしいという願いが込められています。この宿泊プランは渋谷エリアの4つの東急ホテルで来年1月末まで実施する予定です。
 宇都宮市内の旅行会社では事前に「PCR検査」を実施し、陰性を確認したうえで旅行に行ってもらうプランを始めました。旅行の流れは、旅行者には事前に「検査キット」を送り、出発の5日前を目安に唾液を採取して旅行会社に持参してもらいます。検体受付後、検査結果は2日以内に通知されるということです。新しい旅のエチケットとして、感染防止ともに観光業界を段階的に回復させていくことにもつながるとみています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp