菅新総裁「改革」を強調「国民のため働く内閣作る」(2020年9月15日)

自民党の新総裁に菅官房長官が選ばれました。会見では何度も「改革」を口にし、「国民のために働く内閣を作っていきたい」と意欲を示しました。

 自民党・菅新総裁:「役所の縦割り、既得権益、前例主義。こうしたものを打倒して規制改革をしっかり進めていきたい」
 菅新総裁は、省庁改革について「その象徴として思い切って『デジタル庁』を作る」と打ち出しました。コロナ禍で日本のデジタル化の遅れが浮彫になったことを指摘し、法改正に向けて早速、準備を進めていくと訴えました。また、党の役員、閣僚人事については「改革意欲のある人、改革に理解を示してくれる人を中心に人事を進めていきたい」と強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp