“総理まんじゅう”に“スガノマスク”・・・早速始動!(2020年9月14日)

14日午後に自民党の総裁選が行われ、菅義偉官房長官(71)が新たな総裁となりました。

 結果がどうなるのか、じっと見つめている人がいました。総理大臣にちなんだ、まんじゅうなどを手掛ける菓子メーカーです。結果いかんで次に売り出す商品が変わります。一応は石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長の顔を描いたデザイン案も用意されていました。ちなみに味は「20世紀梨味」、「レモン味」とそれぞれの地元にちなんだものを検討。ただ、販売されることになったのは・・・。
 大藤・大久保智文社長:「今、新総裁が発表されて菅さんになりました。パッケージの方、菅さんまんじゅう、菅ちゃんまんじゅうでいきます」
 「菅ちゃんまんじゅう」の味は地元と関係のない個人の好物にちなんだものだそうです。
 結果を見越して動き出していた所もあります。かごから取り出されたのは菅新総裁でしょうか。実はこれ、さいたま市の玩具メーカーが去年4月に「令和おじさんマスク」として売り出したものですが、ここにきて増産を決めたのです。
 歴代総理の顔が描かれた湯飲みを制作する窯元ですが、すでにあの人の顔が描かれていました。
 山志製陶所・加藤晃一代表取締役:「ちょっとフライングしたが、間違いないと思い作った。菅さんじゃなかったら報道関係者の皆さんに渡すので、買って頂くのが一番良いかな。責任取って頂いて・・・」
 結果、買い取りはありませんでした。
 菅新総裁は16日の臨時国会で新たな総理大臣に指名される見通しです。8年近くに及ぶ安倍政権では、掲げていた政策の多くが道半ばのままです。最重要課題としていた拉致問題にも進展はありませんでした。横田早紀江さんとともに最愛の娘・めぐみさんに会う日を待ち続けていた茂さんは思いは果たせぬまま今年6月、旅立ちました。
 横田早紀江さん:「私たちは皆、信頼して全部の方を信頼してきていますので、結果が出て初めて分かるので、これからも信頼して拉致問題を本当によく進展できたという成果を見せて頂きたいと期待しています」
 ただ、菅新総裁にはこれまで直接、外交に携わった経験はほとんどありません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp