【全国の天気】広範囲で蒸し暑さ続く 雷雨にも注意(2020年9月9日)

きょうも各地で厳しい残暑となる一方、雨のエリアが広がっています。雷レーダーの様子です。日中は西日本を中心に激しい雨となり、晴れていた東日本にも雨雲が広がってきました。雷が鳴っている所も増えてきていて、この時間は関東甲信や東海でも広く雷雨となっています。
 あすにかけても北海道から沖縄まで全国的に不安定な天気は続きます。道路が冠水するような激しい雨や雷、竜巻などの突風にご注意下さい。
 今夜、注意が必要なのは北日本です。午後6時からの雨の予想を見ると激しい雨のエリアが北陸から東北へと移っていき、あす朝には北海道にも流れ込みます。また、あす午前中には再び西日本や東海で雨脚が強まりそうです。

 《全国の予報》
 東海や西日本は朝から降ったりやんだりでしょう。関東や北陸、東北はあすの日中も局地的に雷雨となりそうです。東京や仙台など傘マークがない所でも一時的に雨の降る可能性があります。
 日中の気温です。雨できょうより低くなりますが、関東から九州では30度前後と蒸し暑さが続きます。東京は32度の予想です。北海道はきょうより5度以上低くなり、札幌は25度の予想です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp