伊勢谷容疑者 自宅で大麻約7.8g所持か 常習性は(2020年9月8日)

俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が都内の自宅で大麻を所持していた疑いで逮捕されました。

 東京・お台場にある湾岸警察署。伊勢谷容疑者は警視庁に自宅を捜索された際、大麻約7.8グラムが入った袋を発見されて逮捕されたということです。警視庁によりますと、捜査員が自宅の捜索をしたところ、リビングの机から乾燥大麻が見つかって現行犯逮捕しました。自宅からは4つの袋に入った乾燥大麻約20.3グラムや吸引器具のようなものも押収されているということです。
 映画の舞台あいさつの去年の映像です。
 逮捕された伊勢谷容疑者:「ドキッとしました。呼ばれて・・・丸一年前ですからね。よくこの役受けたなというくらい役名にびびりました」
 伊勢谷容疑者は俳優活動をしながら映画監督や実業家としても知られ、来年公開の映画にも出演が決まっていました。また、東京都の懇談会「東京未来ビジョン」の委員を務め、若者と意見交換などを行っていました。
 大麻約7.8グラムという量について専門家は・・・。
 元麻薬取締官・高濱良次氏:「吸引するにしては量が多すぎる。量からいうと、相当常習性はあったのでは。きのう、きょう始めたのではなくて」
 そして現行犯逮捕については・・・。
 元麻薬取締官・高濱良次氏:「前から狙ってたんじゃないですかね。『やっている』という情報を入手して。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp