台風迫るも・・・避難所には人数制限 鹿児島・枕崎市(2020年9月6日)

6日午後に台風10号の暴風域に入りました鹿児島県枕崎市から報告です。

 (山下拓也記者報告)
 鹿児島県の南、枕崎市です。この5分ほどで風の向きが変わりました。海から強い風が吹いてくるようになりました。そして、雨粒も大きくなり地面にたたき付けてくるのが分かります。東シナ海は壁のように濁った海水が波となって打ち寄せているのが分かります。そして、防波堤などに当たって波しぶきが海岸線にある住宅やかつお節工場にまで達しています。こちらは一年のなかでも潮位が高い時期を迎えていて、鹿児島県内は6日午後9時ごろから午後10時ごろにかけて台風の接近と満潮の時刻を同時に迎えます。枕崎市では防災無線で高潮への警戒を呼び掛けていて、すでに500人以上が避難しています。市は新型コロナウイルスを考慮して避難所の人数制限をしていて、すでに半数以上の避難所で満員になっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp