香港・周庭氏 警察から日経広告提示(2020年9月1日)

国家安全維持法違反で逮捕されて今、保釈中の香港の民主活動家・周庭氏は1日、日経新聞に掲載された自身が所属していた団体の広告を警察から証拠として示されたと明らかにしました。

 周庭氏:「あの広告は2019年のもので国家安全法は2020年のものですから、どういう形で違反、犯罪証拠になったのか警察からの説明はありません」
 1日に再び警察の事情聴取を受けた周氏には外国勢力と結託して国家安全を害した罪が適用されていますが、具体的な容疑は明らかにされていません。去年夏、自身が所属していた民主派団体が日経新聞に掲載した外国の支持を呼び掛ける意見広告を警察が証拠として示したということですが、掲載時期が国家安全維持法の施行前で容疑との関連は分かっていません。日経新聞の香港支局も警察の捜査を受けたと報じられていて、周氏はこの動きについて「海外メディアの報道の自由をも脅かすことになり、香港問題へ引き続き注目してほしい」と訴えました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp