“突然信号消えた”想定で五輪会場付近の誘導訓練(2020年9月1日)

防災の日の1日、来年のオリンピックに向けて競技会場の近くの信号機が突然の停電で消えてしまった想定で埼玉県警が訓練をしました。

 訓練は東京オリンピックでバスケットボールの会場となるさいたまスーパーアリーナの近くで行われました。雷などで停電して信号機が消えてしまった想定です。警察官は手信号で実際に通り掛かった車や通行人を誘導しました。手信号は自動車教習所で習っただけの人も多く、手信号の意味を解説するビラも配られました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp