日米防衛相 中国を牽制「一方的現状変更に反対」(2020年8月30日)

河野防衛大臣はアメリカのグアムでエスパー国防長官と会談し、尖閣諸島周辺などでの活動を強める中国を念頭に現状を変更しようとする試みに反対していくことで一致しました。

 河野防衛大臣:「東シナ海、南シナ海におけるいかなる一方的な現状変更にも国際社会でしっかりと対応し、日米、東シナ海での現状変更の試みにはしっかりと反対をしていくということを確認しました」
 河野大臣は中国が南シナ海に弾道ミサイルを発射したことについて、「懸念を持って注視する」と伝えました。エスパー長官も中国の行動について反対の意向を表明しました。また、尖閣諸島については日米安保条約が適用されることを改めて確認し、中国を牽制(けんせい)しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp