秋以降のコロナ対策案 高齢者の検査を国が支援へ(2020年8月27日)

秋以降の政府のコロナ対策が判明しました。

 新たな対策案によりますと、インフルエンザの流行期には検査や医療の需要が急増するとして、国は都道府県に対して検査体制の整備計画を策定するよう要請します。また、抗原簡易キットによる検査を1日平均20万件程度に大幅に拡充するほか、高齢者や基礎疾患を持つ人が市町村において本人の希望で検査を行う場合は国が支援する仕組みを設けるとしています。軽症者や無症状者はホテルや自宅での療養を基本とし、医療資源は重症者に重点化していくとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp