武田薬品「アリナミン」など米ファンドに売却(2020年8月24日)

おなじみの薬を海外のファンドに売却します。

 武田薬品工業はビタミン剤の「アリナミン」や風邪薬の「ベンザ」など一般消費者向けの医薬品を販売する子会社をアメリカの投資ファンドに売却すると発表しました。売却額は2420億円です。武田薬品は去年、アイルランドの製薬大手「シャイアー」を約6兆円で買収しましたが、今回の売却で得た資金で膨らんだ債務の圧縮を図ります。また、今後は抗がん剤など収益性の高い医療用の医薬品に経営資源を集中させ、新薬の開発を加速させたい考えです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp