「めぐみへの誓い」完成 滋さんの希望で映画化(2020年8月24日)

横田めぐみさんが北朝鮮に拉致された状況や家族の活動を描いた映画が完成しました。映画化は亡くなった父親の滋さんが望んでいたもので、来年2月にも公開される予定です。

 横田めぐみさん役・菜月さん:「一日でも早く皆が日本に帰ってきてほしいなと強く思っていますし、この映画がその一歩になったらいいなと」
 作品のタイトルは「めぐみへの誓い」で、これまで劇として公演されてきましたが、今回新たに映画化されました。めぐみさんが拉致された時の状況や家族の救出活動を描いています。製作費用の一部はクラウドファンディングで集められ、今月21日までに4600人以上の支援者から6400万円以上が寄せられました。6月に亡くなっためぐみさんの父親・滋さんの希望で映画化されたもので、来年2月ごろに劇場やウェブで公開する予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp