モーリシャス沖で重油流出 座礁船の船長ら2人逮捕(20/08/19)

モーリシャス沖で日本の貨物船が座礁して重油が流出した事故で、モーリシャスの地元警察は貨物船の船長らを逮捕しました。

 18日に逮捕されたのは貨物船「WAKASHIO」のインド人の船長とスリランカ人の副船長の2人です。現地メディアによりますと「安全な航行を怠った」疑いが持たれ、25日に裁判が行われる予定だということです。貨物船は先月26日、インド洋のモーリシャス沖で座礁し、今月6日には1000トン以上の重油が流出しました。乗組員らは捜査当局の調べに対して「Wi-Fiに接続するため島に近付いた」と話したなどと伝えられています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp