コロナ危機で大打撃 GDP戦後最大の大幅下落(20/08/17)

17日に発表されたGDP(国内総生産)は年率換算でマイナス27.8%と戦後最大の落ち込みとなりました。

 バブル崩壊。阪神淡路大震災。リーマンショック。東日本大震災。これまで日本経済を襲ったピンチは幾度とあれど、今回のコロナショックはその比じゃない?
 17日、政府が発表した4-6月期のGDP成長率は年率換算でマイナス27.8%。戦後最大の落ち込みに。
 西村経済再生担当大臣:「4-6月期の大半であります4月・5月に緊急事態宣言を発出致しまして、いわば人為的に経済を止めていた状況でおりまして、その影響でこの厳しい結果になっております」
 西村経済再生担当大臣も厳しい表情なんですが、皆さん。そもそも“GDP”って何のことかご存じですか?「国・内・総・生・産」。そう、言葉としてはそうなんですが、これが落ち込むとどうなるのか。ちなみにこれまで、GDP成長率が最低だったのはリーマンショック直後。この時は、派遣切りや雇い止めなどが続出して日比谷公園の“派遣村”には職と住まいを失った人々が大勢集まりました。しかし、当時ですらGDP成長率はマイナス17.8%。今回はなんと、それを10ポイントも下回っているんです。コロナショックに政府も給付金や無利子の融資、GoToトラベルキャンペーンなどで経済を支えようとしてきましたが・・・。
 新橋の居酒屋店主:「やるもやらないも地獄じゃないかな。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp