“戦後最大”GDP-27.8%・・・回復の見通しは?(20/08/17)

感染拡大が止まらないなか、大きく落ち込んだ日本経済。野村総合研究所のエコノミストである木内登英さんに聞きます。

4月~6月のGDP=国内総生産の成長率は年率換算でマイナス27.8%となり、リーマンショック後のマイナス17.8%を上回る落ち込みとなりました。
 木内さん:「GDP全体だとこれくらいの数字だと思っていました。しかし、実質雇用者報酬(所得)がマイナス3.7%と大幅に落ち込んだことが予想外でした。“コロナショック”というのは、お金がないから消費をしないというわけではなく、例えば“消費したいのに店が開いていない”“感染リスクがあるから出ない”などの要因で消費が落ちるというのが、他の景気後退と違ったところでしたが、思いのほか、早く所得が落ちていることが確認されました。そうなると7月~9月期に向けて、なかなか消費が戻らない。戻っても4分の1しか戻らないとみています」

リーマンショックの時と比べて、何が違い、どう深刻なのでしょうか。
 木内さん:「リーマンショックは海外から受けたショックで、金融危機の問題が非常に大きかったです。日本ではドルの調達が難しくなり、原材料の輸入に影響が出て、国内の製造業の生産ができなくなりました。リーマンショックで影響を受けたのは、グローバル企業や大型製造業の大企業でした。今回は、国内の消費が弱くなっています。飲食や観光関連のサービス業に影響が出ていて、リーマンショックとは傷ついた産業が違います。リーマンの時はショックが大きかったが、金融の問題が緩和され、輸入もできるようになり、翌四半期には半分くらいに戻りました。今回は、影響を受けた外食やアミューズメントなどの業種は、行けるようになったから行くといっても、毎日、行くわけではない。一度失われた消費は元に戻りにくいので、 経済の戻りが弱く、低迷した状態が長く続くと思います」

日経平均株価は、3月中旬、1万6000円台にまで下落しましたが、 緊急事態宣言が全面解除された5月末以降は徐々に値を戻し、2万2000円台と、ほぼコロナ前の水準に戻っています。なぜでしょうか
 木内さん:「これは不思議でした。もっと市場の低迷が続くと思っていました。IMFも世界的に株価が上がっていることについて、リスクがあるのではないかと指摘しています。株価の上昇について、市場が楽観的過ぎるのではないかと思います。V字回復はなくなっていますが、そんなに調整が長引かないという期待があるが、私は楽観的すぎると思います。私は、日本のGDPは回復するには5年かかると思っています。株式市場はそこまで見ていない。その他に、世界的に金融緩和が進んでいて、結果として、金利が下がる。市場に出回ったお金が、株式や金に流れています。一種、バブルの面もあるので、警戒して見たほうがいいと思います」

同じ時期のアメリカの実質GDP成長率がマイナス32.9%、EU=ヨーロッパ連合はマイナス40.3%で、日本の方がまだ落ち込みは小さいですが、これはどう見ればいいのでしょうか。
 木内さん:「違いは規制の度合い。日本は強制力がない特措法で、緩い規制だったのに対し、欧米は、ロックダウン、都市封鎖をした分の差が出ています。ただ、日本の場合、落ち込みは小さいが、戻りも小さい。すでに所得が落ちているため、消費が弱くなる。さらに、国民性もあると思います。感染のリスクがある間は、消費を抑えようと思う。欧米だと、最悪期が過ぎたと思ったらバカンスに行くなど、日本人よりは楽観的。日本では消費のマインドが、まだ弱い。それが回復力に影響しています」

今後、必要な支援や経済対策について
 木内さん:「感染抑制が大前提なので、“ワクチンの開発”“検査体制の拡充”などにお金をかける。感染リスクが下がれば、個人の消費は自然に回復してきます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp