流行状況 沖縄 爆発的感染拡大懸念「ステージ4」(20/08/15)

厚生労働省は病院のベッドがどれぐらい逼迫(ひっぱく)しているかなど、新型コロナウイルスの流行状況を判断する6つの指標について都道府県別の数値を公開しました。

 政府は新型コロナウイルスの流行状況をベッドの逼迫状況や療養者の数など、6項目の指標をもとに4段階のステージで判断しています。指標の一つに感染拡大のピーク時に必要なベッドの数に対する現在の使用率がありますが、厚労省によりますと、11日現在で沖縄県が7割を超えて全国で唯一、爆発的な感染拡大が懸念される「ステージ4」の基準を超えていたということです。その沖縄県では15日、49人の新たな感染が確認されています。このほか、13の都府県でも2割を超え、感染者が急増が懸念される「ステージ3」に達していました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp