顔や腕にあざ 2歳の長男に暴行疑い 両親を逮捕(20/08/14)

東京・葛飾区のアパートで当時2歳の長男に暴行を加えてけがをさせたなどとして両親が逮捕されました。

 向山純貴容疑者(26)は去年3月、葛飾区高砂のアパートで長男の耳を引っ張り、全治1週間のけがをさせた疑いが持たれています。同居していた母親の沖間友紀容疑者(26)も長男への別の傷害容疑で逮捕されています。警視庁によりますと、長男は1月に体調を崩して病院に搬送され、一時意識不明の重体となりました。この時、顔や腕にあざがあったことなどから虐待の疑いがあるとして病院が警視庁に通報していました。沖間容疑者は容疑を認めていますが、向山容疑者は「けがをするほど引っ張っていない」と容疑を一部否認しています。警視庁は2人が日常的に虐待を繰り返していたとみて捜査をしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp