あすにかけて警戒 東海を中心に大雨つづく(20/07/01)

日本列島は先月30日から激しい雨が降っていて、東海地方では24時間の雨量が300ミリを超えました。今月2日にかけて大雨に警戒が必要です。

 梅雨前線の活動が活発になっていて、1日朝は東海から関東で雨が強まっています。特に、静岡や愛知県内で激しい雨が降り続き、愛知県の茶臼山では24時間の雨量が300ミリを超えました。これは6月から7月にかけての観測史上1位の大雨です。この後も東海や関東を中心に大雨が続く見込みで、東海地方ではさらに200ミリの雨が降る予想です。土砂災害や川の増水に厳重な警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp