河野防衛大臣がC2輸送機に搭乗 災害時の機能を視察(20/06/29)

河野防衛大臣は航空自衛隊の主力輸送機であるC2輸送機を体験搭乗し、災害時に対応できる機能を視察しました。

 C2輸送機は航空自衛隊が11機保有していて、航続距離が約6500キロとハワイまで給油なしに飛ぶことができます。また、約100人が搭乗可能で、さらにUH60などのヘリや機動戦闘車、災害時に使用する化学防護車や野外手術車も運ぶことができます。河野大臣は埼玉県の入間基地から神奈川県の城ケ島までC2輸送機で往復し、物資や隊員をパラシュートで降下させる際に開くカーゴドアの開け閉めや離着陸訓練いわゆる「タッチアンドゴー」の訓練も視察しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp