“集団感染”クルーズ船出港 乗員らが感謝の横断幕(20/06/01)

乗員149人が新型コロナウイルスに感染したクルーズ船が長崎からフィリピンに向けて出港しました。

 イタリアのクルーズ船「コスタ・アトランチカ」は1月に長崎に入港してから三菱重工業長崎造船所香焼工場で修繕を受けて4月以降、乗員149人が感染しました。今も6人が入院中ですが、陰性と確認された乗船者ら495人はすでにそれぞれの国に戻っていて、先月31日は乗員ら126人を乗せて出港しました。医療支援などに関わった県の関係者ら50人以上が岸壁から手を振って船を見送りました。船のデッキでは「THANK YOU VERY MUCH」と書かれた横断幕を手にした乗員らが集まり、日本語で「ありがとう」と言ったり手を振るなど感謝の意を伝えていました。クルーズ船は今月11日にフィリピンに到着する予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp