中国 憲法学者を連行か 新型コロナで体制批判(20/05/13)

国会にあたる全人代(全国人民代表大会)を控える中国で、体制批判をした憲法学者が当局に連行されました。

 香港の有力紙などによりますと、憲法学者の張雪忠氏(43)が全人代に出席する代表に政府を批判するメッセージを送ったところ、上海の自宅から警察に連行されたということです。張氏は「武漢が封鎖される前に医師などの市民が取り調べられ、処罰されたことは政府の弾圧がいかに強く、恣意(しい)的かを示している」と指摘しています。そのうえで国民に経済的な補償をするよう求めました。張氏は今は自宅に戻っていると伝えられています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp