無料の「アマビエ札」をネットで高額販売 神社困惑(20/05/12)

新型コロナウイルスの収束を願って神社が無料で配布しているお札が高値で販売され、問題になっています。

 ネットで販売されていたのは、疫病から人間を守ると言い伝えのある妖怪「アマビエ」をあしらったお札です。ほとんど売り切れで人気になっていました。販売価格を見てみると、980円のものから2000円のものまで出品されています。
 しかしこのお札、元々、無料配布されているものだというのです。このアマビエのお札を作って配布している兵庫県の廣田神社に話を聞いてみると・・・。
 廣田神社禰宜(ねぎ)・嶋津宣史さん:「目に見えない疫病への恐れというものを少しでも安心できるものを、神社にお参りされた方に持って帰ってもらいたいという願いからですね」
 妖怪アマビエの絵は巫女(みこ)さんが手書きで仕上げています。これまでに1万3000枚以上が配られたということです。ところが、なかには4000円近くで売られているものもあります。
 出品者のコメントには「このお札は販売されていたお札です」とありました。神社によりますと、より精巧に書かれたお札は500円で配布しているといいます。だとしても500円で手に入れたお札を約8倍の値段で販売していたことになります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp