「9月新学期」急浮上 総理は“検討”各知事は・・・(20/04/29)

29日、国会は異例の休日審議となりました。10万円の現金給付を盛り込んだ補正予算案が衆議院を通過しました。また、入学や新学期の時期を9月にすることについても話し合われました。

 東日本大震災への対策が議論されて以来、9年ぶりに休日返上で審議が行われた国会。臨時休校を5月末までに延長する自治体が相次ぐなか、急浮上しているのが入学や新学期を9月に変更する案です。9月入学を巡ってはテレビ会議で開かれた全国知事会でも議題の一つとなりました。
 大阪府・吉村知事:「9月入学を僕は実現すべきだと思います。先進7カ国、G7で見た時に全部、8月、9月入学です。世界のグローバルスタンダードです」
 埼玉県・大野知事:「私、9月入学、大いに賛成ですが、そのためには、まず政府・行政が『年度を変える』ということからやらねば、子どもたち、不安でたまらない」
 愛媛県の中村知事は「9月入学と新型コロナウイルス対策を同じ土俵で議論することに抵抗を感じる」としたうえで、現段階で集中すべきは感染拡大阻止と医療体制の整備だとして性急な導入に反対の立場を表明する意見書を提出しました。
 宮城県知事:「課題は挙げたらきりがないと思いますけれども、私は克服できない課題ではないと思います。このコロナをきっかけとして大きな変革をするというのも一つの方法ではないかなと思いますね。まさにコロナレガシーですよね」
 9月入学については全国知事会でも意見は分かれています。
 国民一律10万円の現金給付を盛り込んだ補正予算案は29日、衆議院を通過。参議院での審議がスタート。30日夕方には成立する見通しです。
 立憲民主党・蓮舫副代表:「(緊急事態)宣言を延長するんだったら、直前、『あしたから延長』と言われたら、またこれ現場、混乱します。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp