需要落ち込むブランド牛を支援「#おうちで飛騨牛」(20/04/29)

新型コロナウイルスで苦境のブランド和牛を応援すると、自宅に届きます。

 「#おうちで飛騨牛」と名付けられたこちらのプロジェクト、新型コロナの影響で経営が苦しい畜産農家や販売店を応援しようと飛騨地方の金融機関などが立ち上げました。インターネットで一口3000円から30万円を支援すると、金額に応じて飛騨牛やレトルトカレーなどのお返しが届きます。飛騨牛は新型コロナの影響で外食需要などが落ち込み、消費量が減ったうえ、競り価格もこの2カ月で約3割下がっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp