「コロナで死亡」は保険金上乗せ 大手各社も導入へ(20/04/15)

新型コロナウイルスで死亡した人に保険金を多く支払う仕組みが導入されます。

 明治安田生命は新型コロナウイルスの感染が原因で死亡した人に保険金を多く支払う仕組みを設けます。対象は災害死などの場合に保険金が上乗せされる「災害割増特約」に加入している人で、月に数十円から数百円の特約保険料を払っていれば、死亡保険金に100万円から1000万円が上乗せして給付されます。こうした仕組みは日本生命、第一生命、住友生命など生命保険大手各社も導入を予定しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp