“送り付け商法”? 中国から突然マスク200枚(20/04/14)

身に覚えのないマスク200枚が突然、中国から届きました。

 北海道釧路市内の50代の男性宅に突然、マスクが届いたのは8日で、送り主の住所は中国・上海でした。中国語で「防護マスク」と書かれたマスク50枚入りの箱が4箱と、約77ドルの伝票が同封されていたといいます。マスクが届けられた男性は取材に対し、「誰が送ってきたものか分からず、何が付着しているかも分からないので、中身は怖くて使えない」と話しています。警察は、後で代金を請求する「送り付け商法」の可能性があるとみて調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp