【全国の天気】あすの天気は回復傾向 強風残る所も(20/04/13)

きょうは各地で雨や風が強まっています。特に三重県の尾鷲では猛烈な雨が降り、24時間雨量も300ミリを超え、4月としては記録的な大雨となりました。そのほか、東京でも今年一番のまとまった雨となり、現在も千葉県内などで洪水警報がまた新たに発表されています。
 そして、標高の高い所は雪になっています。大分県の九重町では道路にもしっかり雪が積もりました。また、鳥取の大山では、この時期としては記録的な大雪となっています。
 この雪や雨は、あすにかけても続きます。まずは、その予想からです。現在、大雨警報が東京などに出ていますが、今夜も広範囲で雨が降ります。そして、東日本の山沿いから東北は雪の範囲が広がってきます。湿った重い雪で、新たに積もる所もありそうです。あす朝にかけて西日本から関東は回復傾向ですが、東日本や東北の山沿いは雪が続く所があるでしょう。あす日中も一部で雪や雨が残りそうです。平野部では朝から晴れる所が多くなりそうです。
 そして、風もまだ暴風クラスになる恐れがあります。発達した低気圧が太平洋側沿岸を進み、本州上で等圧線の間隔が非常に狭くなるためです。風の予想を見ると、今夜もほぼ全国的に北風が強く、瞬間的に30メートルから35メートルが予想されます。また、あすもピークは過ぎるものの、北日本や東日本を中心に強く吹き続けます。看板などが飛ばされる恐れがありますので、引き続きご注意下さい。

 《全国の予報》
 ■あすは回復してすっきり晴れる所が多いですが、午前を中心に北風が強く吹きそうです。長野は明け方まで雪が降り、新潟県内も午前中は雨の降る所がありそうです。
 ■最高気温は西日本で今日より10度近く高くなる所があり、福岡や広島で19度。名古屋でも18度まで上がりそうです。関東や東北もきょうより高くなる所が多いです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp