都の案おおむね合意 休業要請する施設めぐり調整(20/04/10)

緊急事態宣言を受けて東京都が休業を要請する施設などについて検討を進めてきましたが、9日に国との調整がついたことが分かりました。都は10日に具体的な内容について発表することにしています。

 小池都知事:「(国は)最初は様子を見て2段階でと。そこの危機感は東京都のものとはかなり違った。そういう意味では国の方もよく譲歩して下さったと思ってる」
 当初、都はパチンコ店や学習塾など幅広い施設や業種で休業を要請する方針でした。国はこれに対し、外出の自粛を要請した効果が出るのは2週間後とみていて、その結果を待ってから休業の要請について検討するべきとしていました。しかし、9日に小池知事が西村大臣と面会し、都の案についておおむね合意したことが分かりました。都の関係者は「国が都に対して妥協した形になった」と話しています。具体的な内容については10日に小池知事が記者会見で発表し、11日から実施される見通しです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp