京都「緊急事態宣言」国に要請へ 経路不明患者急増(20/04/10)

愛知県に続いて京都府も緊急事態宣言の対象地域に加えるよう国に要請することが分かりました。

 京都市によりますと、西脇隆俊府知事と門川大作市長が10日午前10時から記者会見をし、緊急事態宣言の対象地域に京都府を加えるよう国に要請するということです。府の感染者数は165人で、人口における感染者数の割合が全国で5番目に高く、感染経路不明の患者が急増していることから要請することを決めたということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp